Blog

○○診断👗

2021/07/10 【神戸 結婚式場】【衣裳 (costume)】 ウェディング コーディネーター

こんにちは。

ウェディングコーディネーターの長谷川です。

 

世の中にはいろいろな診断があるかと思いますが
みなさんは○○診断と聞いて何を思い浮かべられますか❓

 

性格診断? 適正診断?

いろいろありますが
今回はお衣装選びに参考となる診断について…

 

お衣装選びとなると

『パーソナルカラー診断』や『骨格診断』を思い浮かべる方が多いでしょうか?

本日は最近目にすることが増えてきた様な気がする

『顔タイプ診断』について ふれてみたいと思います(*^_^*)

 

まずは『顔タイプ診断』とは

似合う服のテイストを顔のタイプから分析する理論

だそうです。

ご存知でしたでしょうか?

一般社団法人日本顔タイプ診断協会代表理事の岡田実子さんが
イメージコンサルタントをされていて
パーソナルカラー(似合う色)と骨格診断(似合う形と素材)をもとに
似合う服を分析し、アドバイスしていく中で
「パーソナルカラーと骨格が同じタイプの方でも似合う服が違うことも多い!」

「骨格タイプがストレートの方でもシャツが似合わない方がいる!」

ということにショックを受け

「顔」によって似合う服が違う!

ということに気づいたそうです。
 

岡田先生曰く

【顔】は印象を一番左右します。

初対面の方にあったとき、顔をみて印象をとらえませんか?
肌の色よりも、体型よりも。

それくらい顔というのは重要な要素です。

従来の診断方法では

▼パーソナルカラー診断は色だけをみる

▼骨格診断は首から下の身体をみる

ので、印象を一番左右する「顔」が抜けていたのです。

とのこと。

 

確かに色だけではドレスを選ぶにしても普段の洋服を選ぶにしても
顔色が良く見える色合いは選べてもフリルがいっぱいのデザインがいいのか
シンプルでスタイリッシュな方がいいのかは好みで選んではいますが
似合っているかはよく分からないかもしれません。

骨格にしても 体形はがっちりだけど顔立ちは可愛いなどで
なんとなくイメージが合いにくい方もいらっしゃいますよね。

そんな時は一番印象を左右する「顔」の雰囲気と
「衣装」の雰囲気を合わせると素敵に見えるそうです。

 

少し興味を持たれた方もいらっしゃいますでしょうか?

顔診断では大きく分けて4タイプ
さらに細かく分けると8タイプあるそうです。

 

タイプ別に関してはまた次回に書かせていただきますね。

しばらくお待ちください (^_-)-☆

スタッフブログ 一覧へ戻る