Blog

感謝の伝え方はひとつじゃない!

2021/07/11 【Close up エスタシオン】【披露宴&パーティ (Wedding party)】【神戸 結婚式場】【結婚式 (ceremony)】【結婚式のアイデア集】 ウェディング コーディネーター

こんにちは!

いつもエスタシオン・デ・神戸のブログをご覧いただき、ありがとうございます(*^_^*)

 

先日担当させていただいたT様ご夫妻は、

新婦様がずっとフルートをされているので、披露宴でも演奏のお時間をご案内しました。

演奏したのは、「You raise me up / Celtic Woman」。

タイトルを和訳すると、「あなたが私を元気にしてくれる」、「力をくれる」、といった意味になります。

カラードレスを着て、「いつもと違うから緊張する…!」とお話されていましたが、

とってもステキな音色で演奏され、会場も温かな空気に包まれました😌✨

 

挙式・披露宴ともに定番曲である、「You raise me up」ですが、

私が好きな一節はココ!

You raise me up, so I can stand on mountains. (あなたは私に力をくれる、だから山の頂に立つことができるの)

You raise me up to walk on stormy seas.  (あなたは私に力をくれる、だから嵐の海を歩くことが出来るの)

 

自分以外の誰かがいるから、困難なことにも立ち向かえる。

ひとりでは出来ないことも、周りにいる人に支えられて出来るようになることもありますよね。

結婚式を「感謝を伝える機会」とお話される方もいらっしゃいますが、

ご自身の言葉でお伝えするのが恥ずかしいな…と思われる方は

「You raise me up」を掛けてお伝えするのはいかがでしょうか?

 

ウェディングコーディネーター

吉田 千恵

スタッフブログ 一覧へ戻る