Blog

ビーチサンダルのお話し

2021/07/12 【フォトウェディング & 前撮り】【神戸 結婚式場】 セレモニーコーディネーター

セレモニーコーディネーターの高橋です。

普段当たり前のように思っている事、使用している物でも

ふと我に返るととても不思議だと思うことがあると思います。

その一つが『ビーチサンダル』です。

海や川、プールなんかのレジャーで当たり前のように使用している

『ビーチサンダル』ですが、よくよく考えてみると違和感がないですか?

何が、と言いますと『ビーチサンダル』というカタカナ、英語?の名称なのに

形は日本の草履ですよね?

『サンダル』はきっと外国発祥ですが

『ビーチサンダル』はどこ発祥でしょうか?

正解は『日本』です。しかも兵庫県!!

1952年に製品化に成功し、アメリカで発売されたそうですが、

当初はあまり売れなかったそうです。やはり鼻緒が馴染まなかったのでしょうか。

それでも現在は完全に夏の定番アイテム、必須アイテムになりましたね。

想像されてる方もいらっしゃると思いますが『ビーチサンダル』は日本の名称で

海外では様々な呼び方をされています。

アメリカでは『Flip Flops』パタパタ音がする感じから

マレーシアでは『Japanese Slippy』まぁ滑りやすいからですかね。。。

面白いのはトルコの『Tokyo』とペルーの『sayonara』、

ただ日本、というのがわかるだけですね。

ビーチサンダルがsayonaraでは不吉すぎますが。。。

さて、ビーチサンダルの特徴として、私個人は派手なデザインだと思っています。

もちろん地味な物もありますが、

派手な蛍光色とかが如何にもバカンスという趣がしていいですよね。

ちなみに神戸では「第1回ビーチサンダルデザインコンテスト」が開催され

素敵なデザインのビーチサンダルが選ばれ、なんと商品化されたそうです!!

ビーチサンダル
ビーサン

結婚式のロケフォトに行くにはなかなか厳しい季節ですが

それでもこの時期海辺に行って撮影するのも良いと思います。

ちなみに私もこの時期に須磨海岸で撮影しました。

足が火傷しそうになるのでビーサンを持っていってはどうでしょう?

ビーサンを履いた新郎新婦の写真も楽しいものになると思いますよ。

セレモニーコーディネーター

高橋

スタッフブログ 一覧へ戻る