Blog

物語やこだわり

2021/10/29 【Close up エスタシオン】【神戸 結婚式場】 セレモニーコーディネーター

みなさま、こんにちは!いつも、エスタシオン・デ・神戸スタッフブログをご覧頂き、ありがとうございます✨セレモニーコーディネーターの十川です☺️

私達が、他に類を見ないものとして、皆様に誇れるものとして、神前結婚式場『八尋殿』に関しては、ここのスタッフブログでも、色々なスタッフよりご紹介されていると思います!

今回の私のブログでは、神前結婚式場『八尋殿』があるフロアーである、4階の注目してほしい場所をクローズアップしていきたいと思います😊

① 屋根瓦(画像左上)

4階ロビー窓より、エスタシオン・デ・神戸外壁を覗き込んで見てみて下さい!実は4階外壁にだけ『和である屋根瓦』が取り付けられています。伊弉諾大神・伊奘冉大神が祭祀されている『八尋殿』が存在する階層には、『和である屋根瓦』が目印としても相応しいという「こだわり」があります!

② 祝儀扇(画像右上)

ロビー窓の和風装飾には、『祝儀扇』と言われる縁起の良い『末広(すえひろ)』が描かれています。末広とは、上から下(末)にかけて広がるという意味で、数字の「八」のような形のことです。
『末が広がる』とは古くから『発展・繁栄』に繋がるという意味合いで大変縁起の良いものとして装飾されています!

③唐草模様(画像下2枚)

唐草模様は、つる草が四方八方に伸びてからみあう文様です!どこまでも伸びていく蔦(つた)は、『生命力』の象徴とされ、一族の『繁栄』や『長寿』を意味する、とても縁起がよい吉祥文様とされています!そして、花唐草がエレベーター前と前室へご案内させていただくように配置されています!

この4階ロビーに代表されるように、エスタシオン・デ・神戸では、様々なところに『ストーリー(物語)』や『こだわり』が表現されております!お越しいただいた際には、是非注目してみて下さい🙇🏻‍♂️

スタッフブログ 一覧へ戻る