Blog

須磨離宮と百人一首のお話し

2021/11/27 【フォトウェディング & 前撮り】【神戸 結婚式場】 セレモニーコーディネーター

セレモニーコーディネーターの高橋です。

温暖化の影響か、年々紅葉が遅く、短くなっている気がします。

11月も終わりの今頃ようやく本格的に紅葉を迎えたところも多い筈。

さて、私のおススメの紅葉といえば神戸では

『須磨離宮公園』ですね。

須磨の高台にありまして見晴らしもとてもよいのです。

『月見山』という地名がつくくらい、月見をするのに最適な場所、

ということでしょうか。

流石にバラ園は今はもう見る影もありませんが、

森のように木々に囲まれておりますので紅葉は見ごろですね。

橋を渡って東に行けるのですが、

モミジ、メタセコイヤ、イチョウなどたくさん目を楽しませてくれますね。

さて、須磨離宮には月見の台という、昔々、平安時代に

在原行平(ありわらのゆきひら)が月見をした、と言われているところもございます。

在原業平の方がメジャーかもしれませんが、行平もなかなか有名で

百人一首に歌が残っております。

『立ち別れ 稲葉の山の・・・』

というちょっと悲しい歌です。

須磨離宮公園に行くとそういった先人の足跡も感じられるので

俳句でも読みたいところですが中々出てきませんね。

また須磨離宮はフォトスポットとしても人気で

新郎新婦がこの前も撮影に来られていました!!

やはり須磨離宮での和装の写真はとても映えますね。

スタッフブログ 一覧へ戻る