Blog

『かぎろい』のお話し

2021/12/03 【神戸 結婚式場】 セレモニーコーディネーター

セレモニーコーディネーターの高橋です。

寒い寒いとはあまり言いたくないですが、今朝は寒かったですね。

摩耶山上の掬星台では『かぎろい』が見られたそうです。。。

『かぎろい』ってなんでしょう?

どうやら朝の空の様子らしいのですが、

ネットで探してもピンとくるものがありません。

この『かぎろい』、漢字では『陽炎』と書くようです。。。

あれ?カギロイではなくてカゲロウの間違い?

それにしても陽炎は夏のイメージですよね?

謎が深まりますが、奈良県に『かぎろひの丘』というのが

あることがわかりました。

正式には『かぎろひの丘万葉公園』と言うそうです。

なるほど、柿本人麻呂の歌

東(ひむがし)の 野にかぎろひの立つ見えて かへり見すれば月かたぶきぬ

というのがありましたね。この『かぎろひ』からつけられた公園名でしょう。

柿本人麻呂は確実に早朝、『かぎろひ』を見ていますね。

どうやら冬の早朝の朝焼けのことのようです。

なんかそう思うと『かぎろい』ってカッコイイですね。

しかし冬は『かぎろい』を見なくていいので

出来るだけ寝ていたい、と思ってしまいますね。

スタッフブログ 一覧へ戻る