Blog

クリスマスがやって来る🎄

2021/12/04 【神戸 結婚式場】 セレモニーコーディネーター

みなさま、こんにちは!いつも、エスタシオン・デ・神戸スタッフブログをご覧頂き、ありがとうございます✨セレモニーコーディネーターの十川です☺️

12月に入りました!今月最初のブログは『エントランスホール』に訪れた、クリスマス🎄🔔のお話しです!毎年、12月に入ると、エントランスホールに登場するのが、こちらの『クリスマスリース』!階段中央バルコニーの絶妙な位置に、フラワーコーディネーターによって取り付けられています👇🏻👇🏻👇🏻

それに加えて、今週のエントランスホール・フラワーコーディネートのテーマは勿論『クリスマス🎄』

大人気の挙式スタイルである『バロックステージウエディング』が行われる、このエントランスホールに、クリスマスリースがあるのも納得の理由から❗️

1.「永遠の愛」

ウエディングリング同様に円形は、終わりのない「永遠」の象徴です!クリスマスリースには特に、キリスト教における「永遠に続く神の愛」という意味が込められています。

2.「魔除け」

リースには「魔除け」の意味があり、出入口に飾ることで家の中を守るという意味が!使われているヒイラギなどの常緑樹は、古くから生命力の象徴とされてきました🎄また、常緑樹の葉には殺菌作用や抗菌作用があることからも、「災いから守ってくれるもの」と伝えられてきたそうです。

3「豊作祈願」と「新年の幸福祈願」

リースを作る際には、ヒイラギやまつぼっくり、果実などのモチーフがよく使われます!その装飾品には、「冬の寒さに負けず、作物が豊富に育ちますように」という意味が込められています🎄

2021年ラストも、リースパワーで駆け抜けます🎄今月も宜しくお願いします!


スタッフブログ 一覧へ戻る