Blog

夏婚のお話し

2021/07/31 【おすすめ アイテム】【フォトウェディング & 前撮り】 セレモニーコーディネーター

セレモニーコーディネーターの高橋です。

結婚式のシーズンは春と秋、というのが常識ですが、

当然これは気候の良さから来ていますね。

ただし、デメリットもゼロではありません。春は年度末、年度始めで忙しい、とか

ゴールデンウィークはそれぞれ旅行の予定がある、とかありますし、

秋は秋で、運動会や音楽会など学校イベントと重なりやすい、ということも。。。

その点、夏は確かに暑い、ですが、オフシーズンで希望の日にちも取りやすいですし、

夏は休暇が取りやすい季節ですから、遠方の方も旅行がてら来ていただける、という

メリットもございますね。

もちろんエスタシオン・デ・神戸館内は涼しいですし、暑い時のビールは旨い、という

副次的な良さもございます。。。

さて、私が個人的に思う夏婚の一番の良さはテーマが決めやすい!です。

(私も実は夏に結婚式をしております)

例えば、海をテーマにすると、とにかく青い物や貝殻なんかを使うと、既にそれっぽいです!

(あくまで個人の感想です)

ヒマワリを使うとか、夏らしいね、統一感があっていいね!とゲストにも好評です。

7月にされる方は七夕というテーマもありますね。

短冊にメッセージを書いていただくのも良いと思います。

花火や夏祭りもテーマにしやすそうです。

さらに、これも個人的な意見ですが、良い写真が撮れます!

というのも、やはり夏空というのは素晴らしいですよね。

澄み渡る青い空をバックに撮る写真は最高です。

もちろん暑さは大変でしたが、

(ロケーション撮影をしましたので)

ばっちり良い写真は撮れましたし、

日が長いので時間もたっぷりありました。それも良さですね。

季節によっては17時頃にはもう、、、となりますが

夏の17時はまだまだ明るいですからね。

人それぞれの結婚式で正解はありませんが、夏はダメ、と思わず

メリットも感じていただけたらと思います。

セレモニーコーディネーター

高橋

スタッフブログ 一覧へ戻る