お電話でのお問い合わせ受付時間10:00〜19:00 休館日 不定休
〒650-0043 神戸市中央区弁天町2番8号

Blog

演出にまつわるエトセトラ♪(披露宴編)

2019/05/12 【披露宴&パーティ (Wedding party)】 ウェディング コーディネーター

こんにちは!

いつもエスタシオン・デ・神戸のブログをご覧いただきまして、

ありがとうございます(*^_^*)

ゴールデンウィークも終わり、日常が戻ってまいりましたが、

皆様いかがおすごしでしょうか?

令和になり、新しい時代へ進んでいく感じがしますね(^_^)

いろいろ挑戦してみたいな~と考えておりますが、

「小さなことからコツコツと!」という形で、

がんばっていきたいな~と思う今日この頃です!

 

 

過去2回投稿させていただいております、「結婚式にまつわるエトセトラ♪」

記念すべき第3回のテーマは、

「演出にまつわるエトセトラ♪(披露宴編)」ということで、

披露宴でよく行われる演出の由来をご紹介していこうと思います!

 

♡主賓挨拶

ご披露宴の始めに、ゲストの方からご挨拶をいただきますが、

招待ゲストの中でもっとも上席の方にお願いしていただきます。

一般的には、職場のご上司を選ばれることが多いです。

おふたりのお人柄や仕事ぶりを、互いのゲストの方へご紹介いただきます。

 

♡祝杯

お食事スタートの合図として、祝杯をご案内しますが、

もともとは、「神や死者のために神酒を飲んだ」という宗教儀式が起源といわれています。

また、お酒に宿る悪魔を払うため、グラスを鳴らすという文化も生まれました!

グラスを鳴らす音は高く華やかなので、いまでは本当に雰囲気づくりの一部になっていますよね(*^_^*)

祝杯には泡のたつお酒が用いられますが、これにもいくつか意味があります。

①グラスに注いだ際、泡が下から上へ上がっていくことから、

 おふたりの幸せが半永久的に止まることなく、続いていくと意味。

②泡の弾ける「パチパチ」という音が、おふたりを祝福するための

 天使の拍手、という意味。

エスタシオン・デ・神戸では、スパークリングワインをご用意しております!

甘みもあり、すっきり飲みやすいドイツのワイン。

特別輸入のスパークリングワインですので、ぜひお楽しみください♬

 

♡ケーキ入刀

ギリシャ神話では、愛し合う男女がひとつのパンを分け合うことで

永遠の愛を誓った、という逸話がありますが、

これがケーキ入刀の由来といわれています。

おふたりが1つのナイフに手を携えることで、

夫婦として困難を乗り越えていく、という意味合いもあります。

また、ウェディングケーキが3段のデザインが多い理由としては、

それぞれに「誰に向けたケーキなのか」という意味があるからなんです!

最下段は出席してくれたゲストと一緒に食べる分。

2段目は出席できなかった方へ配る分。

最上段は、今後おふたりの大切な記念日に食べる分。

これができたのは、昔ヨーロッパではシュガーケーキという

長期保存ができるケーキが用いられていたから。

現代ではできませんが、おふたりと、大切なゲストのためのケーキである、

ということには変わりありません(*^_^*)

 

♡ファーストバイト

ケーキ入刀後の定番演出といえば、ファーストバイトですよね。

ゲストはここを期待していると言っても過言ではありません…!!

新郎様から新婦様へ食べさせてあげるときは、

「一生食べるものには困らせない!」、

新婦様から新郎様へ食べさせてあげるときは、

「一生美味しいご飯を作ってあげる」という意味があります。

最近では、『ラストバイト』という形で、親御様から食べさせてもらったり、

おふたりのキューピットとなった方へ『サンクスバイト』として

食べさせてあげたり、バリエーションが増えてきています!

ゲストの方にも楽しんでもらいたい!!!とお考えの皆様、

ぜひ取り入れられてはいかがでしょうか(*^_^*)

 

 

披露宴は演出が多いので、次回も「エトセトラ~披露宴編」を

お送りしたいなと思います!!

 

ウェディングコーディネーター

吉田 千恵

スタッフブログ 一覧へ戻る