Blog

結婚式準備~テーブルレイアウト編~

2020/05/14 【披露宴&パーティ (Wedding party)】 ウェディング コーディネーター

こんにちは!

いつもエスタシオン・デ・神戸のブログをご覧いただき、ありがとうございます(*^_^*)

もうすでに今月ブログの投稿数が100件を超えているのを見て、びっくり!!

【挙式】、【披露宴】、【衣装】などそれぞれカテゴライズされておりますので、

気になるテーマのブログは読破してくださいね😂

 

 

先日高安さんが招待ゲストのリストアップについて

ブログを書いてくれていました!(大切なあなたに

大切な人たちに囲まれる一日って、本当に奇跡でステキなことです✨

そんなゲストの皆様のテーブル配席って実はめっちゃ難しいんです!!

時間のあるこのタイミングで考えていただきたい…!

というわけで、今日は簡単なポイントをお伝えしていきます✊

 

一般的に、新郎様、新婦様が掛ける高砂テーブルに近いところから

1列目:来賓・会社関係の皆様

2列目:友人の皆様

最後方:親族の皆様

という順番で座っていただきます。

もちろん招待されるゲストの方との関係性や人数等により、列の数は変動します!

その辺りは担当者が教えてくれるので、詳しくはお打合せにてご確認ください😆

 

エスタシオン・デ・神戸では、円卓(丸テーブル)にてレイアウトいたします。

1テーブルに座っていただけるゲストの数は、大人8名まで。

なので、招待されるゲストを6名、または8名のグループに分けていただくと

必要なテーブル数が分かってきます!

両家合わせて、

【会社関係:4テーブル、友人:4テーブル、親族:3テーブル】

といったようにお伝えいただければ、ウェディングコーディネーターが

パパっと、会場レイアウトを考えてくれますよ!

 

よくこんなご質問をいただきます。

「友人同士は顔見知りではないんですが、1つのテーブルにしても良いですか?」

答えは…、もちろん大丈夫ですよ!

実際、私も1度そのような配席だったことがあるのですが、

結構話したりできたので、楽しかったです!

ただ、披露宴当日に知らない人と同じテーブルだった!というサプライズではなく、

事前に一言伝えておくことは忘れないでくださいね!

 

また、親御様の席は、高砂テーブルから一番遠い末席となります。

その理由は、親御様もゲストをおもてなしする側だから!

ゲストの挨拶もしつつ、おふたりを最後方から見守っていただきます。

 

 

さて、話始めると長くなってしまうので、今回はここまで!

続きはまた今度っ🤗

 

ウェディングコーディネーター

吉田 千恵

スタッフブログ 一覧へ戻る