Blog

June has come!!

2017/06/01 【その他】 ウェディング コーディネーター

こんにちは!

いつもエスタシオン・デ・神戸のブログをご覧いただき、ありがとうございます!

そろそろ気温もあがってきて、夏の遊びがしたくてうずうずしている今日この頃ですが!!

 

6月!!憧れのジューンブライドですね!!!

 

6月の月名である「JUNE」と、

ローマ神話で結婚をつかさどる女神であるユーノ「JUNO」に由来する、ジューンブライド

 

6月は結婚や女性の権利を守護する「JUNO」の月。

この月に結婚する花嫁はきっと幸せになるだろう、という言い伝えです。

 

日本では和名「水無月」と言いますが、これは「水の月」が転じたものであるとか、

田植えが終わって田んぼに水を張る必要のある月という、

「水張月(みづはりづき)」「水月(みなづき)」から転じたものだと言われます。

どちらにしろ、6月は梅雨に入るので「水の月」ですね!

 

 

6月の誕生石は真珠です(^_^)

真珠は貝の中で生成される宝石ですね!三重県や長崎県での養殖も有名です(^O^)

様々な種類があり、中には数億個に一粒、という希少価値が非常に高い真珠もあります!!

粉状にして美容成分として使用されることもあり、古代エジプトでは

クレオパトラが愛飲していたと言われています!!(さすが世界三大美女…!!!)

冠婚葬祭には欠かせないアイテムで、

ぜひひとつは持っておきたい宝石のひとつでもあります

そんな真珠の石言葉は、「健康・富・長寿・清潔・素直」

貝の中でゆっくりと育つ真珠の特性がよく表されている石言葉だと感じますね(*^_^*)

 

6月の誕生花は、なんといってもバラ!!!!

人生で一度でいいので、バラの花束をもらいたいな~なんて思ったりもします(#^.^#)

よくドラマでは、プロポーズのときや長く想っていた人に想いを告げるタイミングで

バラの花束がしばしば登場しますね!

園芸用で親しまれており、棘が特徴です☆

種類が豊富なことで有名ですが、ヨーロッパ原産のもの、アジア原産のもの、

日本原産のものもあるんです!!

ハマナスもバラ科で、果実はローズヒップとして食べられます。

バラ全体の花言葉は、「愛情」。お花のイメージとぴったりの言葉ですね!

しかし、その花の色や本数によっても言葉が異なります。

代表的なものをいくつかご紹介しますっ

 

赤色:「情熱」    ・ピンク:「恋の誓い」    ・黄色:「友情」、「献身」

オレンジ:「さわやか」   ・白色:「無邪気」

・1本:「一目ぼれ、あなたしかいない」    ・3本:「愛しています」

・12本:「付き合って下さい」   ・99本:「永遠の愛」     ・108本:「結婚してください」

 

すごくいろんな言葉がありますが、

どれも愛にかかわる言葉ばかりで、調べていて恥ずかしくなってしまいました…(笑)

バラを使った演出といえば…『ブーケティング入場』です!!!

新郎様がゲストの皆さまからバラを集め、ブーケを作り

新婦様にプレゼントする……という演出ですっ(^O^)

挙式の際に行う方が多いのですが、先日披露宴のお色直し入場の際に

行われたおふたりがいらっしゃいましたっ(^_^)

 

お花を使った演出を考えられている方は、ぜひスタッフまで

お気軽にご相談ください\(^O^)/

 

 

今月もエスタシオン・デ・神戸で、たくさんの新郎、新婦様が

幸せな一日を迎えられますように!!!

 

ウエディングコーディネーター

吉田 千恵

スタッフブログ 一覧へ戻る