Blog

新!「絆」を深める儀式!

2017/06/10 【その他】 ウェディング コーディネーター

こんにちは!

いつもエスタシオン・デ・神戸のブログをご覧いただき、ありがとうございます(^O^)

雨が多くなる時期ですね…☂

そんなときは、お家でゆっくり映画を観たり、本を読んだり、

結婚式の準備を進められるのもアリですね

 

 

お打合せをさせていただく中で、新郎様、新婦様がよく「イマドキの結婚式」を

調べてらっしゃて、私の知識不足を痛感することも増えているのですが…

皆さま、『marry -マリー-』というサイトはご存知ですか?

日本一かわいい プレ花嫁のための結婚準備サイト、だそうです!!

私も何度か覗いたことがあるのですが、本当にかわいいアイデアが多く、

結婚準備が楽しくなるな~と思っております(^_^)

そんな『marry』で紹介されていた、素敵なセレモニーをご紹介します!

 

近頃は、ゲストの皆さまに楽しんでもらいたい!と考えられるおふたりも多いですね

結婚式は、古くから新郎、新婦両家の結びつきを大切にする通過儀礼です。

そんな両家の結びつきを、ゲストの皆さまにご覧いただく機会は

なかなか演出的に難しいな…と思っております。

しかし!そんな中で素敵なセレモニーを見つけました!

それが・・・、

 

 

『握手の儀』!!

(文字大きすぎますかね…)

 

新郎様はエスコート交代の際、お父様と握手を交わすこともあると思いますが、

新婦様にはなかなかそのような機会はありません…

また、披露宴で親御様を巻き込んだ演出を考えていても

おふたりが主役だから…と、前に出られる機会は意外と少ないのです。

 

この『握手の儀』では、挙式の中盤から終盤、おふたりが親御様の近くまで進み、

両家親御様と、それぞれ握手を交わします。

 

『marry』では次のような意味が紹介されています。

 

“まさに今晴れて夫婦となった二人が、育ててくれた両親と

感謝の握手を交わす《握手の儀》。

彼のご両親には、「これからよろしくお願いします」の気持ちを込めて。

自分の両親には、「今までありがとう。大好きだよ。」の気持ちを込めて。

二人の顔を見て思わず涙が流れる、感動的な儀式です。”

 

なかなか普段は素直に感謝を伝えることに照れてしまいますが、

結婚式当日はすんなり表現できるのかもしれませんねっ(*^_^*)

幼い頃からおふたりの手を取って歩いてくださった親御様と、

言葉を交わすのではなく、握手をするということが、少し違った演出になるのではないかと思います!

 

実際に挙式に取り入れられているおふたりもいらっしゃるようです!

そのお写真はぜひ、『marry』の記事をご覧ください!

ここから飛べます!

 

 

挙式、披露宴にオリジナリティを出すのは難しいかも…(>_<)、とお考えの皆さま!

こういった結びつきを表現する演出を取り入れられてはいかがですか??

気になられた方は、スタッフまでご相談くださいっ!

 

ウエディングコーディネーター

吉田 千恵

スタッフブログ 一覧へ戻る