Blog

双子座新月

2020/05/25 【神戸 結婚式場】 フラワー アーティスト

5/23は双子座の新月でした!普段から月を観るのが大好きなので月の状態が気になるんです。

新月に祈りをささげると叶うといわれています。

双子座の新月にふさわしいお祈りは、「知的好奇心」「情報収集や情報処理能力」「コミュニケーション」「フットワークの軽さ」「若々しさ」……etc.

もちろんお祈りしました!!

私たちのカラダや心と深く、不思議な繋がりのある「月」

月は地球の自転と同方向に若干の楕円軌道で、約29日で1周しています。

月は満ち欠けがありますが、その満ち欠けで地球上の生き物は影響されていると言われています。

「新月」とは満月と対象、月が地球の影となり何も見えない状態のことを指します。

地球からは真っ黒で、姿を見ることはできません。

ニュームーンと呼ばれ、正に始まりの月

そのせいか、新月には願いをかなえる以外にも、不思議なパワーが秘められているんですって。

新月の時期は、とても浄化作用の強まっている時期で、 デトックスをして、何かをリセットし、クリアーな状態にする機会。

また、新しい事を始めるのにも適していますし、ダイエットを始めてもいいかも。。。

新月の時、地球への引力は月の引力に太陽の引力が加わり強くなります。

太陽―月―地球と一直線に引力がかかりますから、地球にいるもの全てがその影響を受け、体液が地面に近い方へ集まります。

反対に満月は月が地球から見て太陽の反対側に位置した時です。
この時地球への引力は新月の時より弱くなります。

満月の夜にだけ咲く花もあるし、満月の夜になるとサンゴやウミガメが一斉に産卵したりとか。

他にも調べていくと、木を伐採する時は下弦の月から新月の時がいいそうです。理由は、腐らない、反らない、虫がつかないなど( ..)φメモメモ

野菜で言えば新月の頃は、玉ねぎや人参などの根の野菜は充分なエネルギーをもっていると考えられ、収穫時期とされます。
逆に満月は引力が均等にかかるので、葉物野菜はみずみずしく、虫も卵を植え付けやすいです。

このように「月のリズムで農業をする」方法を、私たちの祖先は当たり前のように用いていたと言われています。

生活のすべてが月のサイクルにしたがっていたのかもしれません。

冒頭にも述べましたが、約29日間をかけて、月は満ち、そして欠けていきます。

それに合わせて生物の体にも変化がおきます。

女性の生理現象もおおよそムーンサイクルと一緒です。

人間だって月の影響を受けています。

なんだかとても不思議で魅力的だと思いませんか。

新月にお願いをしている際にふとプランターに目をやるとプチトマトの新しい実が出来ていました☆

実もの野菜は、満月の前後に収穫すると、より、ジューシーなものになるらしいのでその頃に食べごろになっているといいなぁ♡

堀 有香

スタッフブログ 一覧へ戻る