Blog

流水とうさぎ

2020/06/25 【その他】【衣裳 (costume)】 コスチューム

皆さん、こんにちは!

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

今回のおめでたい柄のお話しは、「流水」と「うさぎ」です。

では始めますね!

 

水はすべての生命にとって、かけがえのない大切なもので

古くから文様として使われて来ました。

着物には、水の流れを表現した流水文様が多く

使われています。

他の文様との組み合わせや、空間を埋めるための描かれ方が

一般的で意味として苦難や災厄をさらりと流す。

流れる水は、腐らず常に清らか!

お浄めや火難除け等もあります。

流水はさまざまな形に姿を変えます。

決して主役にならない文様ですが、着物の印象を

大きく左右する文様です。

 

 

次にうさぎ柄です。

うさぎ柄の着物はそんなに多く見られませんが

宮参り、帯、小物等によく使われます。

うさぎ柄にも意味があって、うさぎの動きから

飛び跳ねる事で飛躍を表し、物事がとんとん拍子に

進む縁起のよい柄とされています。

また、子沢山、子孫繁栄、豊穣、長い耳は福を

あつめるとされ、うさぎ柄は家内安泰と平和を

もたらす柄とされています。

かわいいうさぎさんにも凄い意味があるのですね。

本当に着物は奥が深いと思いました。

 

皆さんもそれぞれの意味を思い出して着物選びの

参考にしていただけたらと思います!

では、またお会いしましょう! (^_-)-☆

 

コスチュームコーディネーター

山添 三代

スタッフブログ 一覧へ戻る