Blog

スクーバダイビングと水中カメラの話

2020/08/07 【その他】 フォトグラファ

長雨と豪雨が過ぎたら真夏到来!

でもコロナはなかなか落ち着かない…

  

みなさん如何お過ごしでしょうか?

カメラマンの三田です

  

タイトルの通り水中カメラとダイビングについて

ちょっとだけ語ります

 二年前の撮影です

「撮りたいもの」の中の一つでもある

水中写真! なんですが、

一昔前に比べると、かなり誰でもトライできる

ようになったんじゃないかと思います

水中写真イコール潜るもの…

どうしてもそういう発想になりがちですけど、

シュノーケリングで浅瀬でも水中写真は撮れます

でもどうしても潜りたい!って方は、トライしてみてください(笑)

海に潜る… 

で、一番気になるとこですが…

これも二年前…

そんなに泳げなくても大丈夫です(笑)

私もそんなにめちゃくちゃ泳げる人ではありません!!

25メートル位泳げて、ちゃんとバタ足(水中ではフィンキック)

ができればあとは

BCっていうベスト(浮力調整ができるベスト)を着て

これがBCっていうベストです

空気タンク背負って

オクトパス(タコ🐙じゃない(笑))っていう(空気出てくるやつ)

これを咥える!!
で、口呼吸!!

を口で咥えて口呼吸がちゃんとできればOK!

あと、2メートルずつ位でちゃんと耳抜きができれば

潜れます!!

泳げなくても、潜れます!!(笑)

もう一つ忘れてた!

ダイビングライセンス無くても7~8メートルなら

潜れます!!

体験ダイビングっちゅうやつですね!

あとは、

潜ってる時の動作とカメラを操作することを同時にすれば

写真は撮れます!(笑)

  

  

あとは、カメラだけ!

フィルムカメラの時代…

NikonのNikons(ニコノス)ってカメラがありました

今も持っているNikons V
フィルムカメラです

 

 

私はNikons V(5型)を今も持っていますが、

最近の普段使いは、

ほとんどNikon W300 ですね

  

  

普段使いしているNikon W300

フィルムカメラと違って、バッテリーが続く範囲で撮り続けられます!

水中もこれ単体で30メートルまで潜れます

持ち主の私はそれだけのスキルがないので

カメラの限界までは無理ですが…(笑)

  

  

もうしばらくは、無理ですかねぇ~

はやく石垣島近海のダイビングポイントに行ける日が

来てくれるように願いつつ…

本日は締めたいと思います。

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました

 

フォトグラファー/三田健二

スタッフブログ 一覧へ戻る