Blog

Fisherman 10

2020/08/12 【その他】 フォトグラファ

皆様こんにちは!いつもご覧いただきありがとうございます。

本日は前回に引き続き淡路島でのお話しです。

欠伸を噛みしめながら着いた淡路島は信号機がインターを降りてすぐの2機のみで、後は釣り場までまったく1つもなく、そして朝早い平日ということでスムーズにたどり着きました。

出発進行が5時3分、そして到着が5時50分…

はやっ!  もう着きました。別に急いで来た訳ではないんですが、50分弱で到着です。

いつもの場所ですが、やっぱり誰もいません…

いつものことですが貸し切り状態で誰に気兼ねすることなく楽しめるのが、この場所の最大の魅力だと常々より思っていますが、ほんと誰もいません。近所に民家はあるのですが、ほとんど見かけません。

ということで、早速用意に取り掛り、仕掛けをセットし、撒き餌も忘れずに第一投!

すると…   5~10秒も経ったでしょうか?

見ていると、、、突然!!!

目の前の、浮きが消えたのです。。。すぐに反応して竿をしゃくりました。

その瞬間、ぐっぐっっと!これはまさしく魚の引きであり、エサ取り名人のフグではないと確信しました。が、竿を起こしても中々お魚が顔を見せません。これは一体なにが掛かったのか?

10秒と掛からない格闘でしたが、上がって来たのはなんと‼

盛り上がったところですが、、、

つづきは Fisherman 11 へと続くのであります。

フォトグラファー   山中

スタッフブログ 一覧へ戻る