Blog

シーサーみたいな雲

2020/08/23 【その他】 フォトグラファ

まだまだ酷い暑さが続いておりますが…

みなさん如何お過ごしでしょうか?

カメラマンの三田です

先日の夕方…

タイトルの通り、シーサーの後ろ姿みたいな積乱雲に遭遇しました

実はこの1~2分前、

この雲は、ちょうどたい焼きみたいな形でした(撮り逃がした!)

撮りたいときに撮れないとこうなる!!

空に浮かぶ雲って、よく何かの形みたいに見えるってありますよね⁈

で、ほんの少しの間に変形しちゃいました(笑)

  

というわけで、シーサーなんですが…

沖縄の好きな方ならわかりますよね⁈

本州の狛犬と意味合いもほとんど同じで、魔除け・守り神と共通することが

多いですね

ついでに興味が湧いたので

狛犬(こまいぬ)も調べてみたら…

魔除けや神社を守るために置かれているのですが、しかしこの狛犬

実は両方が同じ動物では…ありません!

  

同じ動物では…ありません???

ってとこまでは知りませんでした!

  

正解は

時代の流れとともに二匹を総して、狛犬と呼ばれるように

なってしましましたが、本当は「獅子と狛犬」なんです。

  

なんだそうです!

じゃあ、どちらが獅子でどちらが狛犬かというと

一番わかりやすいのは「阿吽(あうん)」の口

だそうで

口が開いている阿像が獅子、口を閉じている吽像が狛犬

なんだそうです

  

シーサーもそういえば、同じように阿吽になってますよね!

たまたま見つけた

しまんちゅ工房っていうとこのホームページも

興味が湧いたら見てみてください

  

あ、ぜんぜん知り合いでも何でもありません!(笑)

  

シーサーのこと調べてたら、

面白いな~、なんだか温もりを感じるお店だな~ ってお思ったんで…

  

また、沖縄を訪れたら行ってみたいお店です

  

また、他のところでは

シーサーの雄と雌についてですが、

オスは口が開いている方、メスは口を閉じている方

としている説の支持が多いです。(逆としている所もありますが)

また、その口の開け閉めについても諸説あるそうで、

口を大きく開けてマジムン(魔物)を捕まえ、

(魔物のことをうちなーぐちでマジムンという)

あらゆる災難から

家を守るという説。

  

本当にいろんな説があって調べると病みつきになりそうですが…

ちなみに、各家庭に雄と雌の一対ずつという決まりはなく、

シーサーは何匹いてもOKなんだそうです。

  

また以前と同じように沖縄に行けるように願いつつ…

  

最後まで読んでいただいて、にふぇーでーびたん!(ありがとうございました)

 

フォトグラファー/三田健二

スタッフブログ 一覧へ戻る