Blog

十三参り

2020/08/30 【その他】 コスチューム

毎日暑いですね~💦 

こんにちは! コスチュームコーディネーターの山添です。

 

本日はおめでたい儀式、第3弾!( ^)o(^ )

「十三参り」のお話しをいたします。

 

皆さん、十三参りってご存じですか?

主に関西の風習で特に京都が盛んで、関東では

あまり一般化されていないようです。

数え年で13歳になると健やかに成長した事を感謝して

知恵と福徳を授かるために「虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)」

にお参りすることです。

 

13歳という年齢は干支が一巡し、もとの干支に戻る

年なので男女ともに最初の厄年にあたります。

京都の十三参りと言えば嵐山の「法輪寺」がご本尊です。

法輪寺で十三参りの祈祷をしてもらうと、面白いお話しが

あります。

 

帰り道にある渡月橋を渡る時には、けして後ろを

振り向かないで渡り切らないとせっかく授けてもらった

知恵を返さないといけないと言われています。

なので十三参りの後の渡月橋は一目散に渡らないと

せっかくの知恵が無くなってしまいますね (^o^)

 

 

 

 

正装に関しては男子は紋付袴、女子は振袖です。

いかがでしたか、 最後までお読みいただいて

ありがとうございました (#^.^#)

スタッフブログ 一覧へ戻る