Blog

結婚式準備~流しテーブル編~

2020/05/22 【披露宴&パーティ (Wedding party)】 ウェディング コーディネーター

こんにちは!

いつもエスタシオン・デ・神戸のブログをご覧いただき、ありがとうございます(*^_^*)

さあ、2日連続での投稿でございます(笑)

エスタシオン・デ・神戸でも、宣言解除とともに通常勤務が復活!

やっぱり人と会うって、良いこと…😆♡

更衣室で着替えているときから、笑わせてもらって

元気100倍ってな感じではございます!(笑)

気を抜くことはできませんが、ウイルスと共存する方法を模索して

日常生活を取り戻していきたいですね!

 

 

配席についての続きをご紹介していきますね✨

「結婚式準備~テーブルレイアウト編~」「結婚式準備~配席順位編~」

シリーズ化しました、第3弾!!

タイトルを、高安さん、藤田さんと合わせてみました…🤗

 

15名程度の披露宴で、新郎新婦とゲストが1つのテーブルを囲うことも

珍しくはありませんよね!

とくに海外では、そのようなスタイルも一般的みたいです!

(ハリ○タの食堂のシーンとか、圧巻ですね🍴)

エスタシオン・デ・神戸では、「流しテーブル」と呼んでいます✊

主に、親族だけの会食スタイルの場合は、こちらをご案内することが多いです。

(もちろん円卓でもご案内できますよ!)

 

この流しテーブル、新郎様、新婦様の座る位置によって、

ゲストの配席場所が変わってくるのです🧐

 

パターン① 新郎様、新婦様がテーブル中央に座る場合

流しテーブルの中央におふたりが座ると、

左右に両家のゲストが座り、おふたりを囲ってお食事をしていただくイメージです。

このように、流しテーブルの中央におふたりが座る場合、

新郎様の右隣、新婦様の左隣(★の場所)が上座になります。

 

パターン② 新郎様、新婦様がお誕生日席に座る場合

流しテーブルの端、通称お誕生日席におふたりが座ると、

両家が対面に座っていただくこととなります。

この場合、新郎様、新婦様の下(★の位置)が上座になります。

 

親族だけでの会食の場合、「上座って誰が座るの?」ってことになりますが、

伯父・伯母様、叔父・叔母様に座っていただく方が良いとされています。

ただ、円卓スタイルとは異なり、ゲストとの距離が近いのが特徴なので、

感謝の意味を込めて、親御様に座っていただくのが、個人的なオススメです😂

 

新型コロナウイルスの影響で、新しい生活様式が提案されましたので、

結婚式のスタイルも変容を求められています…。

このブログの内容も、これからは当たり前ではなくなるかもしれませんが、

結婚式のアレコレの由来を知っておいて損はありません!!

少しでも参考になれば、嬉しいです(´;ω;`)

 

ウェディングコーディネーター

吉田 千恵

スタッフブログ 一覧へ戻る