Blog

⛩神前式のあれこれPart6👘

2021/09/09 【神戸 結婚式場】【結婚式 (ceremony)】 ウェディング コーディネーター

皆様こんにちは!

いつもエスタシオン・デ・神戸のスタッフブログをご覧頂きありがとうございます🌼

西森です🙋🏻‍♀️

式次第の流れでいくと今回は”指輪交換の儀”についてなのですが、

教会式のあれこれPart5 に指輪交換について載っておりますのでぜひご覧くださいませ❣️

Part1 Part2 Part3 Part4 Part5 Part5.5 はコチラからご覧いただけます✨

ということで今回は”誓詞奉読”(ちかいのことばほうどく)について💁🏻‍♀️

誓詞奉読とは、神前式で新郎もしくは新郎新婦のふたりが

誓いの言葉を読み上げることです。

内容としては、神様への結婚の報告や

『これから2人で助け合って良い家庭を築き上げていきます』

という誓いの言葉、最後にはおふたりのお名前を

それぞれに読み上げていただきます。

エスタシオン・デ・神戸ではこちらを

新郎様に読み上げていただいております。

結婚式では新婦様に注目が集まりがちですが、

この場面では新郎様にスポットが当たります🧑🏻💡💡

ポイントとしては、

○誓詞を目線より下げない

誓詞奉読は神様に対して行うものであるため、

下の方で持ってしまうと失礼にあたってしまいます💦

写真にも残るシーンなので、姿勢にも気をつけると良いですよ🙆🏻‍♀️

○誓詞の広げ方や、しまい方を練習しておく

誓詞は巻物のような形となっています。

本番にスムーズに開いたりしまったりできるように

練習しておくとスマートにできますよ✨

○大きな声で読み上げる🗣

神前式という厳粛な雰囲気の中ですので、とても緊張すると思いますが、

自信をもって神様に伝わるよう読み上げてくださいね💪🏻❤️‍🔥

この時新婦様は、一緒に誓詞の文章を目で追って、

自分の名前を読む時がきたら読み上げましょう!👩🏻

“誓詞奉読”について、いかがでしたか?💭

最後までご覧いただきありがとうございました❣️

また次回のブログでもお会いできたら嬉しいです🌼

スタッフブログ 一覧へ戻る